HIDE★CHIKA

アクセスカウンタ

zoom RSS ロサンゼルスの旅(その8)

<<   作成日時 : 2014/12/09 17:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

楽しい時間はほんとあっという間

いよいよ明日は帰国、という前日の夜中にANAから1通のメール。

もう師匠方は夢の入口に入りかけていて

そのメールに最初に気付いたのは私でした。

自動チェックインのメールは何時間か前にちゃんと来てたし何かなぁ・・・

と思いながら件名を見ると「ANAより【出発時刻変更】のご案内」とのこと。

ロサンゼルスに来る時にも、ちょこちょこ変更があったし内心「またかぁ・・・」と

あんまり深く考えることも無くとりあえず開封。

確認するとロサンゼルスの出発時刻が1時間以上遅れるとの内容でした。

最終日もフィリップさんがホテルから空港まで送ってくださるとこことだったので

朝連絡して1時間遅らせてもらえたら、ゆっくり仕度ができるなぁ、と

のんきに考えて、眠りの淵の師匠方にも一応内容を報告してすぐに就寝しました。

朝6時半少し前、宮藤晃妃師匠が先に起きていて

携帯を握り締めて何度も電話しています。どうしたんですか?と尋ねたら

「昨日の変更メールが気になってん、一応ANAのコールセンターに確認したいんやけど

電話が繋がりにくいねん」とのこと。

長い音声ガイダンスの後、やっとセンターの人と繋がって手続きや乗継の便の確認などを尋ねると

なんと乗る予定だった成田から伊丹へ帰る飛行機には間に合わない、

しかもその飛行機が伊丹行きの最終便

  コールセンター:

どうしてもお客様が伊丹へ帰りたいのでしたら、

@成田で一泊して次の日の伊丹行きにするか(宿泊費はもちろん自腹)

A成田からはなど鉄道で移動するか(これももちろん自腹)、

もしくは、

Bロサンゼルスの出発を10時間遅らせて深夜便に変更するか

  宮藤師匠:

「もうこの際伊丹じゃなくても関空でいいです」

  コールセンター:

では【ロサンゼルス→成田→羽田→関空】ならどうですか?

関空着が22時半ごろになりますが関西には一応その日中に着きますよ、と。

成田→羽田間のリムジンバスの代金もANAが負担してくれるという条件をふまえて

コールセンターとの電話は繋いだままの短時間に3人で相談。

伊丹着でなくても関空で問題なし、関空→京都のリムジンバスの最終にも間に合う。

これ以上遅い便にしてまた遅れが出たりしたらそれこそ大変との判断で

【ロサンゼルス→成田→羽田→関空】というプランに変更決定

宮藤師匠が機転を利かせてくださったお陰で

なんとかその日中に帰れることが決まって、ほんとホッとしました

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
写真のこと(阪井楊子さんCDのこと)
4月23日、いよいよ師匠である阪井楊子さんの3枚目のCD ...続きを見る
kanaブログ Black Coffee
2015/04/13 19:54

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ロサンゼルスの旅(その8) HIDE★CHIKA/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる